なつかしいなぁ

昨日駅前で偶然高校の同級生にあったよ。その友達はかわってたよ。高校の時成績はぱっとしなかったけど、英語がすきで将来英語が生かせる仕事がしたいといっていた。そのとき正直俺は無理だなと思ってた。俺の高校そんないいところじゃないんで。彼は英語の時間まじめに受けてたのを覚えている。ほかはなんともいえませんねけどね。

いまはバイトしながら大学に通っているらしい。夏休みはアメリカに留学しにいって英語の勉強をしてた。英検準一級の資格をとったと喜んでいた。いまも毎日英語の勉強をしているらしい。
まだ仕事はしていないが高校のときの夢をどんどん形にしていって輝かしく見えた。その反面自分は何も変わっていないきずかされた。

その日はバイトあったんで話もそこそこにしてすぐ分かれた。家に帰ってから電話しようかとも思ったができなかった。怖かったのかもしれない、変わっていく彼に、かわらない自分がイヤに思いそうで逃げたのかもな
[PR]
by rikku-love | 2005-09-27 18:17 | どうしようもなくリアル
<< 二人目 第一章3かいめ >>